自己破産をすると賃貸マンション・アパートに住めない?家賃保証会社の審査まとめ

「自己破産をすると今住んでいるところを追い出されるかもしれない」
「自己破産した人が賃貸マンションやアパートの入居審査に通るわけがない」

特にこれから自己破産をしようかと考えている人はそんな不安でいっぱいでしょう。

「今まで通りの生活が送れないなら、自己破産をしても、また借金生活になるかもしれない」と考えてしまいそうです。

確かに自己破産をすると、しばらくの間はブラックリストに載ります。
ですが、安心してください。自己破産をしたら家を追い出されたり、賃貸も借りられなかったりするのであれば、その人たちはどこに住んでいるのでしょうか?

100%今まで通りとはいかないかもしれませんが、自己破産をしても住むところは何とかなります。

そういった不安を解消してもらえるように、わかりやすく説明していきたいと思います。

自己破産をすると家を追い出される?

自己破産をすると退去を求められるのか

まずひとつ目、自己破産をした人は本当に家を出て行かなくてはならないのでしょうか?

この疑問は、住む家がなくなるかもしれないのでとても不安ですよね。

自己破産をしても退去する義務はない

実はひと昔前は、「入居者が自己破産をした場合、大家さんは退去を求めることができる」と法律で決められていました。(旧民法第621条に記載)

しかし、平成16年の民法改正によって、この第621条は削除されました。

つまり、今賃貸マンションやアパートに住んでいる人は、自己破産をしても出ていく必要はありません。(参考:公益社団法人 全日本不動産協会

賃貸借契約書にそのような記載があっても無効になる可能性が高いです。

関連記事:無職でも賃貸マンション・アパートの入居審査は通る?

家賃滞納中なら追い出される?

問題は、家賃を滞納していた場合です。

“自己破産”自体は退去の理由にすることはできませんが、「家賃の滞納」であれば、大家さんは賃貸契約の解除を求めることができます。

家賃滞納の場合は、自己破産者もそれ以外の人でも関係なく退去理由になりますので、家賃は遅れずにちゃんと払いましょう。

「家賃を滞納した人は必ず退去を求められるか」と言われば、判断は大家さん次第になります。

先ほど、「大家さんは賃貸契約の解除を求めることができる」と説明しましたが、あくまでも「求めることができる」レベルです。

大家さんからすれば、強制的に出て行ってもらうには、裁判を起こして勝訴しないといけませんから大変です。

しかも、「家賃滞納者が支払いの意思があり、支払い計画まで立てている場合」であれば、裁判でも勝てない可能性もあります。大家さんも大変なんです。(参考:弁護士ドットコム

家賃保証会社の審査に注意

保証会社の入居審査に注意

今までの説明で、自己破産をしても今住んでいる家については何とかなるということが分かったと思います。

では、次に家を借りる場合についてです。

入居審査については過去記事でで説明していますので参考にしてください。

では、家賃保証会社の審査についてもう少し詳しく解説していきます。

家賃保証会社は大きく分けて「信販系」「独立系」があります。

特に信販系の家賃保証会社が審査がきびしいです。

信販系家賃保証会社

信販系家賃保証会社とは、信販会社、つまりクレジットカード会社が運営しています。

どういった会社があるかといえば下記のような会社です。

  • 株式会社ジャックス
  • オリエントコーポレーション(オリコ)
  • 株式会社アプラス
  • 株式会社セゾン
  • 株式会社セディナ
  • 株式会社ライフ
  • 株式会社エポス

信販系家賃保証会社の審査がきびしい理由のひとつ、「CICを参照する」からです。

CICといえば、信用情報機関です。
そこには「あなたが自己破産をした」という情報が載っています。

つまり、自己破産をした人は信販系家賃保証会社の審査には通りません。

「自己破産をした」という情報がCICから消えるのを待つしかありません。ブラックリストが消えるまでの期間は下記の記事を参考にしてください。

関連記事:ブラックリストはいつ消えるのか? | ブラックリスト登録期間のまとめ

自己破産をした人や、クレジットカードの審査に通らないような人は、家賃保証会社が信販系の物件はあきらめたほうがいいです。

そういった人は独立系の家賃保証会社を狙いましょう。

物件探しの段階で、家賃保証会社がオリコやジャックスのような信販系であれば、その物件に申しまなければいいだけです。

「この物件広いしいいなー。あっ、でもここの保証会社オリコじゃん。俺、自己破産してるからどうせ審査に通らないしやめとこ。別のとこ探そ!」

という感じですね!

独立系家賃保証会社

ちょっと極端な言い方かもしれませんが、独立系家賃保証会社ならブラックリストに載っていても審査に通ります。

その理由は、CICを参照しないからです。
「審査時に信用情報機関の情報を見ない」というわけですね。

独立系の家賃保証会社はこのあたりでしょうか。

  • JID(日本賃貸保証株式会社)
  • 全保連株式会社
  • 日本セーフティー株式会社
  • 株式会社ナップ
  • ジェイリース株式会社
  • フォーシーズ株式会社

全保連やジェイリースなどは全国賃貸保証業協会(LICC)に加盟しているので、横のつながりはありますがCICを見ることはできません。

つまり、自己破産をしたかどうかは分かりません。

自己破産などでブラックリストに載っている人は、家賃保証会社は独立系を選んでください。

入居審査が甘いのはどの保証会社?

ジャックスなどの信販系よりも独立系の家賃保証会社のほうが審査が甘いと言えます。

その独立系保証会社の中でも、大手よりは、中小規模の会社のほうが審査が甘いことが多いです。
保証会社によりますので、絶対とは言えませんが。

とりあえず、信販系よりは審査はどこも甘いと思います。
その代わりに保証委託料が高いこともありますので注意も必要です。

「審査を甘くするからちょっと多めに払ってね」といったところでしょうか。

保証料がいくらになるかは確認したほうがいいと思います。

フォーシーズ株式会社あたりは審査が甘いことで有名ですね。

家賃滞納していた人が注意すること

先ほど、全保連やジェイリースは全国賃貸保証業協会(LICC)に加盟しているという話をしました。

このLICCには、内部で共有している家賃滞納者のデータべースがあります。つまりブラックリストと考えてください。

情報の登録期間は保証委託契約の終了から5年間(滞納があった場合は債務が消滅して5年間)です。(引用:全国賃貸保証業協会

この家賃滞納情報は家賃を支払ってから5年間は消えません。

LICCに加盟している保証会社で家賃を滞納していた場合は、滞納解消して5年間はLICCに加盟している保証会社の入居審査には通らない可能性が高いです。

まとめ:自己破産をしても原則として追い出されることはない

自己破産をしても家賃滞納をしていなければ、基本的に今住んでいる家から追い出されることはありません。

家賃滞納をしている場合は、家主の対応次第ですが、計画的に払う意思を見せると状況がよくなる可能性があります。

それから、自己破産をしていても賃貸物件は借りることはできますので心配しないでください。

現在ブラックの人は信販系の家賃保証会社は避けてくださいね。