「申し込みブラック」で審査に落ちる理由と対策法。どこなら借りれる?

「まとめて消費者金融5社くらいに申し込めば、1社か2社くらい審査に通るだろう」

審査に通りにくい人はこのように考えて、複数の消費者金融に申し込みをしてしまうようです。

カードローンを何度も利用したことがある人は知っているかもしれませんが、短期間に複数の借り入れ申し込みをすると審査に通らなくなります。

この状態は「申し込みブラック」と呼ばれており、残念ですがこの状態ではカードローンの審査には通らない確率が高いです。

ですが、申し込みブラックについて正しい知識があれば、そう怖いものではありません。

ここでは、「申し込みブラックとは何か」「申し込みブラックになった時の対策」について説明します。

正しい知識があれば、「申し込みブラック」で審査に落ちることはなくなります

審査に落ちやすい「申し込みブラック」とは

申し込みブラックとは、カードローンやクレジットカードなどの申し込みを短期間に複数社申し込みをした人のことを指します。

消費者金融は、キャッシングやカードローンの申し込みをしてきた人の情報をまず調べます。その際に信用情報機関へ照会して、申込者の現在の借り入れ状況などを見ます。

ここで注意が必要なのが、過去の申し込み履歴も消費者金融は見ることができる点です。

そこで、短期間に複数の消費者金融にキャッシングやカードローンの申し込みをしていることが分かれば、審査担当者はこう考えるでしょう。

「この人はよほどお金に困っているのだろう。この人に融資をしても返済してくれなくなる可能性が高い」

このように判断されてしまうため、申し込みブラックは審査で不利になります。

申し込みブラックになる理由

短期間に申し込みをしただけでなぜブラックになるのでしょうか?

その理由として、「この人はお金に困っている」と思われるからです。
お金に困っているから、一気に複数の消費者金融やクレジットカードに申し込んだと判断されます。

金融会社は申し込みブラックの人のことをこのように見ています。

  • 自転車操業で借りては返してを繰り返しているのではないか
  • 借りるだけ借りたら返済しないつもりではないか
  • クレジットカード現金化をするのではないか
  • 信用情報にのっていない借金がまだあるのではないか

このような人にお金を貸したくはないですよね。

ですが、申し込みブラックに関して大手消費者金融と中小の消費者金融では少し違う判断をします

大手消費者金融は「申し込みブラック」だとアウト

申し込みブラックになると大手消費者金融の審査にはほぼ通らなくなります。

その消費者金融の基準にもよりますが、1か月以内に3社以上申し込むと申し込みブラックと判断される可能性が高いです。
2社までならブラックと判断されることはないでしょう。

申し込みブラックは、キャッシングやカードローンの審査でかなり不利になることは間違いありません。
年収が高くても審査に落ちると考えてください。

ちなみに消費者金融は、信用情報を見れば申込者が他の消費者金融の審査に落ちたかどうかはある程度わかります。

「この人はうちに申し込む前に他社で審査に落ちたな」と判断されてしまえば、審査では確実にデメリットになります。

中小消費者金融なら申し込みブラックでも審査に通る?

中小の消費者金融であれば、申し込みブラックでも審査に通る可能性は十分あります

その理由は、中小の消費者金融に申し込みに来る人は銀行カードローンや消費者金融などの審査に落ちている人が多いからです。

信用情報に申込履歴が多い人ばかり申し込みに来るので、申し込みブラックには広い心で迎え入れてくれるケースも多いです。

申し込みブラックだとしても、「年収が高い」「勤続年数が長い」など他の属性がよければ、審査に通り融資される可能性は十分あります。

申し込みブラック対策法

申し込みブラックにならないためには「短期間に複数の消費者金融にキャッシングやカードローンの申し込みをしない」こと、ただそれだけです。

申し込みブラックの明確な決まりはありませんが、一般的には1ヶ月以内に3社以上の申し込みがあれば、申し込みブラックと判断されます。

この申し込み履歴は、個人信用情報機関にもよりますが6ヶ月程度残ります。

申し込みブラックを消す方法はある?

申し込みブラックは信用情報機関に多重申し込みの情報があることが原因のブラックです。

ということは、信用情報機関に記録された消費者金融などへの多重申込情報を削除すればいいということになります。

ですが、信用情報機関は公式に下記のように回答しております。

Q:登録されている情報は依頼すれば訂正・削除できるのですか?
A:登録内容が事実であれば訂正・削除することはできません。
(引用:個人信用情報機関JICC)

残念ながら、申し込みブラック情報を削除する方法はありません。

申し込みブラックは申し込みをしなければ消えるってほんと?

申し込みブラックは、6か月の間カードローンやクレジットカードに申し込みをしなければ消えます。

なので、申し込みブラックが消えるまで最低6ヶ月は、どこにも申し込みをしないでください。

申し込みブラックが原因で審査に落ちていた人であれば、申し込み履歴さえ消えれば、審査に通る可能性が一気に高くなります。

それに属性を前回の申し込み時よりも上げてから申し込みをすれば、審査に通る可能性はもっと高くなります。

たかが申し込み履歴ですが、このことが原因でカードローンの審査に落ちている人は少なくありません。

しかし、申し込みブラックはブラックリスト予備軍であって、完全なブラックリストではありません。審査の甘い中小の消費者金融であれば、普通に審査に通ることもあるでしょう。

「申し込み履歴が消えるまで6か月も我慢できない」といった人は中小消費者金融を狙う手もあります。

まとめ

申し込みブラックになると最低6か月は審査に通りにくくなります。1ヶ月以内に消費者金融など3社以上の申し込みは止めたほうがいいでしょう。

他社に申し込んだ情報や審査可否は信用情報を見ればわかりますので、多重申込みは審査にデメリットばかりです。

特に審査に落ちやすい「引っ越し後すぐ」「転職後すぐ」は申し込みを控えたほうが無難です。

短期間に消費者金融3社以上に申し込んで審査に通らなかった場合は、6か月間申込情報が消えるまで何もせずに待ちましょう。

個人信用情報機関の申し込みブラック情報は6か月で消えます。申し込みブラックが原因で審査に落ちていた人は、6か月待つと審査に通る可能性は高くなります。