プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融です。アコムと同様、審査スピードと30日間無利息サービスがある大手消費者金融というのがプロミスの売りでした。ですが、Web完結サービスが始まったことで、ひとつ売りが増えました。

プロミスのWeb完結サービスを利用すれば、勤務先の電話確認がなくなります。勤務先に電話をしてほしくない人にとってはすごいメリットです。申込後に、すぐにプロミスに電話をすることで対応してもらえます。

プロミスは消費者金融なので総量規制対象で、年収の3分の1までしか借り入れはできません。

プロミスの基準を満たす必要がありますが、下記の項目をチェックしておきましょう。


  • 30日間無利息サービスがある
  • 主婦、学生、パート、アルバイト、派遣社員でも利用可能
  • 即日融資可能(土日の即日融資も可能)
  • WEB完結申込がある(勤務先への電話連絡なし)
  • 3秒審査が試せる

それでは実際にプロミスを利用された3人の体験談をご紹介します。申し込むときの参考にしてください。

資格スクールに通うために利用したプロミスのカードローン(20代男性)

年齢:20代|性別:男性|職業:会社員|年収:300万円ほど

私がカードローンを利用したのは、今から3年ほど前の事です。
その時私は会社員をやっていました。ふとした瞬間に「資格を取得しよう!」と思って、資格スクールに通う事にしました。
ですが、その時入学金30万円をポンと出せる余裕がなかったので、消費者金融のカードローンを利用する事にしたというわけです。

その時はまだ私も20代後半で、これから何か役に立つ資格を取得するのもありだと思いました。
なので、「早いうちに学校に通って勉強したほうがいい!」と思い、お金がない状態でも、お金を用意できるカードローンを利用したというわけです。
それでどこからお金を借りたかというと、消費者金融大手のプロミスでした。

消費者金融はダークなイメージ

消費者金融と言えば、私のイメージの中ではどうしてもダークなイメージでした。金利も高く、借金を返済していくのはかなり大変だと思っていました。
しかし、実際には消費者金融でも大手消費者金融でちゃんとしたところであれば、金利もそこまで高くないことを知りました。
消費者金融の中でもプロミスは大手ですし、有名で安心できることからプロミスに申し込みました。

その当時の状況ですが、29歳の男性で、会社員、年収は約300万円でした。
会社には三年ほど勤めていましたが、低収入なこともあり生活は苦しかったです。
当時、実家で暮らしていましたが、親にはお金を借りるのは悪かったので、消費者金融のプロミスを利用したわけです。
しかし、消費者金融でお金を借りるということは、私は正直不安で不安で仕方ありませんでした。

もう審査終わったの?

ですが私は無事に30万円をプロミスから借りる事ができました。
他にどこからも借入れをしていなかったからなのか、プロミスの審査はあっさりしたものでした。
プロミスの審査時の担当者さんも話しやすい人で、その担当者さんとのやりとりは、簡単な現在の状況の確認などだけでした。

聞かれた事と言えば、「どういう理由でお金を借りたいのか」とか、「いくら必要か」というぐらいの事で他には特になかったです。
私はもっと、「勤務年数が何年だとか、家は持ち家であるか」などと答える必要があるかと思っていました。
ですが、実際はそういう事は一切聞かれませんでした。

ただ、その時に借りた時の金利は、年率で14%くらいだったのでした。
あまり金利が安いと言えなかったので、正直あまりお得感はなかったです。
しかし、あとから調べてみると、年率14%くらいなら金利としては悪くなかったようです。

結局2年ちょっとで、借りた30万円は全額返済しました。
その時は金利の高さが気になっていましたが、思ったほど返済がきついものではありませんでした。
また、まとまった金額を借りるときはプロミスを利用しようと思います。

水商売は在籍確認に時間がかかる!(20代女性)

年齢:20代|性別:女性|職業:水商売|年収:600万円ほど

今から5年ほど前、初めてプロミスのカードローンを利用して、50万円借り入れをさせて頂きました。
当時実家の家族が自動車事故にあって、事故を起こした相手が自動車保険に加入していなかった為、入院費や治療費、自動車修理代などが一切おりませんでした。
「自動車保険くらい入っててよ!」と当時はどうしようもない気持ちでいっぱいでした。

実家は自営業を営んでいて、車がすぐに使えないと商売になりません。
早急にまとまったお金が必要になった為、自分の貯金だけでは足りなかったのでカードローンを利用しました。
プロミスを選んだのは大手で有名だった事と、最寄り駅の前に無人契約機があるのを知っていたので、最初に名前が思い浮かんだからです。

収入はなかなかよかった水商売

当時の私は20代の女です。毎月平均して50万円ほど給料がありました。
女ならではですが、大都市で水商売をしていたので年収は600万円くらいあったと思います。
でも貯金はしてませんでした。

水商売自体は始めて2年くらいで、ずっと同じお店で働いていました。
給料がそこそこ高かったので、家賃10万円のマンションに住んでちょうど1年くらい経過していました。

借金に関してですが、カードローンの利用は初めてだったので他社の利用はありませんでした。
クレジットカードのショッピング枠で30万円くらいの利用はありました。

審査にあたり、無人契約機の画面に住所・氏名・電話番号・家族構成などの個人情報の他、職場や職種、勤務先の名前、住所、電話番号、勤続年数、年収などを入力しました。

担当者からの電話

ネットでプロミスに申し込んでから程なくして、入力した私の携帯電話に担当者さんから確認の電話がありました。
その後、無人契約機に備え付けの電話に同じ担当者さんから電話が入り、再び話をしたのですが、契約機に入力した内容と同じ事をなぜかまた聞かれました。
「これは試しているのかな?」などと思いながら、入力した内容と相違ないように答えました。間違ってしまったらどうしようかと本当に緊張しました。

最後に本審査にあたり職場への在籍確認が必要だったのですが、申し込みをしたのが午前10時ごろだったので、水商売という職業柄夕方過ぎでないと誰も出勤しません。
仕方なく夕方過ぎに在籍確認してもらうことにしました。

結果的に審査は通り、金利は17%で借り入れしました。消費者金融の金利としては普通のようです。
急いでいたのですが、在籍確認に時間がかかった為、借り入れできるまでに丸一日かかってしまいました。
審査に通ったので、まぁよかったかなと思います。

多重債務から完済した私の体験談(20代男性)

年齢:20代|性別:男性|職業:会社員|年収:300万円ほど

大学を卒業してからというもの、お金に関して無頓着だった自分は、給料という決められた一定額を超えてお金を使うという事は無いと思っておりました。
会社員になってから2年目の20代前半の時期。初めて消費者金融を利用する事になろうとは、実家通いの自分から想像はつきませんでした。

社会人になってからというもの、給料日になってすぐにお金が底をつく事も少なくありませんでした。
会社に勤めるようになってからの人付き合いの多さや、会社に対して必要なものを揃えるなどで出費が重なり続けたことが借金の原因です。
さらに友人の結婚式などが重なり、本当に困ってしまいました。

もうどうしようもないくらいお金がピンチになった時に、初めて利用したのがプロミスでした。
よく広告でも見かけるし、コマーシャルなどでも目にしていたので、勝手な親近感により借り入れを決意したのを覚えています。
まずはプロミスにwebで申し込んで、10万円の融資を申し込みしました。

初めての借金

初めての借り入れだったので、「審査に時間がかかるだろうな」と覚悟していました。
ですが申し込みをして1時間以内にプロミスの担当者から携帯に連絡が入り、審査通過のお知らせがきました。

申し込みは10万円を希望しましたが、「融資枠として30万円まで借り入れ出きますよ」と報告を頂き、ひとまず10万円を自分の銀行口座に振り込んで貰いました。
金利は17.8%だったと思います。

しかし、このことがよくありませんでした。
自分の金遣いが荒くなっていったのは、「融資が思ったより簡単だった事」と、「借り入れ枠が希望枠より多かった事」です。
「お金を借りるのは簡単だ!」と意味の分からない自信がついてしまいました。

借りた10万円はすぐに使い切ってしまいました。
そして給料が無くなるとすぐに、カードローンで借り入れをして、すぐに満額の30万円まで到達しました。
案の定、また給料日までのつなぎのお金が無くなってしまい、別の消費者金融のカードローンを検討するようになりました。

次はアコムから借りよう

またコマーシャル効果なのか、次に選んだ消費者金融は、普段よく見かけるアコムでした。
希望枠を10万円で申し込みをし、今度はwebからではなく電話で申し込みをしました。
「担当より折り返しの連絡を頂ける」とのことでした。
webからの申し込みの時より借り入れもある状態だったので、「審査に時間かかるかな」と思っていました。

ですが、10分ほどで「アコムの担当者から10万円融資可能です」と言われ、すぐに口座に振り込んで貰いました。
金利は17.8%でした。
webからも電話からも、消費者金融からの申し込みは審査も早く、担当者からの折り返しはものすごく早かったです。
会社に在籍確認をされましたが、親族と偽って連絡を頂けたので、不自然な感じはありませんでした。

またお金が足りなくなる

プロミスとアコムの2社から借り入れをして、毎月の返済をしているとなかなか返済が難しくなってきました。
「お金を使っても、カードローンで借りればいい」と思っていたので当然でしょう。
その結果、私はまたお金を借りることにしました。

しかし、今回はちょっと意味合いは違いました。
「いつものように消費者金融のカードローン」ではありません。
「このままでは借金地獄になってしまう!もう借金はしない!」
そう決意した私は、銀行に行って、おまとめローンを利用することにしました。

それから2年ほどの時間はかかりましたが、借金は全額完済しました。
「自分のお金と思って使いすぎると痛い目にあう」と感じた懐かしい思い出です。



スポンサーリンク