賃貸アパート

今回は消費者金融の審査の話ではなく、不動産会社の「入居審査」についてお話します。

特に、収入が低い人や、フリーター、派遣社員の人は「賃貸マンションやアパートを借りたいけど入居審査に通るのかな」と不安になると思います。

しかし、年収だけ高くても入居審査に落ちている人もいますし、年収が低いのに審査に通ってる人もいます。
一体その差は何なのでしょうか?

「不動産会社や保証会社がどんな審査基準で入居審査をしているか」というところも気になります。

実際に不動産会社の担当者に賃貸の審査について聞いてみました。

賃貸物件の入居審査の基準

まずは、入居審査の基準について説明します。
審査基準は不動産会社によって違いますが、ある程度の基本は同じです。

収入(年収)

当然ですが、収入は多いに越したことはありません。
収入が高い人のほうが審査に通りやすいのは事実です。

ですが、「家賃が収入の3割程度であればあまり問題ない」とのことです。

実際の審査基準例は、一般的な不動産会社の場合は、「月収の3分の1」
入居審査が厳しい不動産会社の場合は、「月収に対して3割」

(例)家賃10万円の物件の場合
  • 月収の3分の1なら、年収360万円
  • 月収に対して3割なら、年収400万円

つまり、家賃10万円の物件に住みたいのであれば、年収360万円~400万円以上が基準値となります。

ですが、家賃10万円の物件に年収300万円程度の人でも入居審査に通ることもあります。
申し込む前に、不動産会社に「自分の年収でも審査に通るか」直接聞いてみるといいでしょう。

あまりにも年収が低すぎる場合は問題外ですが、年収よりも申込者の勤務先や連帯保証人の信用度のほうが重要視されることもあります。

勤務先・業務形態

勤務先

公務員や大企業に勤めている人は評価が高いです。
ですが、正社員であれば特に問題ないそうです。

派遣社員や契約社員、フリーターなどは、多少審査で不利になります。
やはり「収入が安定しない」と判断されます。

それから、「離職率の高い仕事についている人」は評価が低くなります。
例えば、水商売、トラック運転手、肉体労働系などです。
年収が比較的高くても審査に通らないケースも出てきますので注意してください。

特に夜の仕事、夜勤の仕事の人は、生活時間の違いから住人とトラブルになりやすいでの敬遠される傾向にあるようです。
例えば、「夜中の3時に帰ってきて洗濯機をかけるからうるさくて眠れない!」などのクレームが出るそうです。

本人の見た目や人柄

「これから家を借りに不動産会社に行く」という人は気をつけてください。
あなたの姿や言動は、不動産会社から見られています。

下記に当てはまると入居審査に落ちる可能性が高くなります。


  • ガラが悪い(入れ墨、タトゥーがある)
  • 不潔、挙動不審
  • 収入に見合わない服装や時計などをつけている
  • 態度が悪い、威圧的
  • 外見が派手

高級車(メルセデスベンツ)

不動産会社の担当者は、大家さんに「この人はこんな感じの人です」と伝えています。
それも入居審査のひとつと考えていいでしょう。

このことを知っておけば、「不動産会社の担当者と仲良くなることで入居審査に通る可能性が高くなる」ということが分かると思います。

それに、収入的にその物件は無理そうだと判断したら、「そこの大家さんは審査がきびしいから申し込むのは止めたほうがいい」など教えてくれる担当者もいます。

地域密着型の不動産会社の場合は大家さんと仲がいいことが多いです。
その場合、あなたが思っている以上に人柄の審査は厳しくなると思ってください。

収入が高くてもトラブルになりそうな人は審査に落ちます。

連帯保証人

連帯保証人は「あなたが家賃を払えなくなった時に代わりに家賃を払ってくれる人」のことです。

大家さんは、こんな人に連帯保証人になってほしいと思っています。

  1. 親、兄弟など二親等以内の身内
  2. その物件の家賃を代わりに払う余裕がある人

このふたつの項目を満たさないと、連帯保証人が原因で入居審査落ちになる可能性があります。

その理由を説明しますが、まず収入に関してはもう説明の必要はないと思いますので省きます。

二親等以内の身内がいい理由は、申込者が家賃が払えない状況になったときに、ちゃんと払ってくれる可能性が高いからです。

例えば、収入だけいい人を連帯保証人にするならば、別に会社の上司でも同僚でもいいでしょう。
しかし、いざそういった話になったときに、「自分には関係ない!そいつの問題なんだからそいつに言え!」とトラブルになります。

連帯保証人になった以上は逃げられないのですが、かなり高い確率でモメます。

これが親兄弟の場合だと、「自分の子供や兄弟がしたことだから仕方ない」と話がまとまりやすいです。

家賃保証会社の審査はきびしいか?

大家さんもこういった家賃滞納トラブルを避けたいので、最近は家賃保証会社の加入を必須にしているケースも増えてきました。

家賃保証会社は、もし入居者が家賃の滞納をした場合でも、家賃保証会社がその分を保証して大家さんに支払います。
いざというと時のための保険という考えです。

保険

ここで問題がひとつ。

家賃保証会社からすれば、誰でも入居審査に通すと自分たちが困ります。
なので、家賃保証会社を通す賃貸物件は審査が厳しくなります。

特に信販系の家賃保証会社は審査が厳しいので、自信のない人は信販系家賃保証会社の審査が必要な賃貸物件は避けたほうがいいでしょう。

連帯保証人がいない人は、家賃保証会社の審査を通らないといけません。
その場合も、家賃保証会社が信販系以外の賃貸物件を選んだほうが無難です。
普通にクレジットカードが作れるような人であれば、特に問題なく通るかもしれませんが。

信販系以外の家賃保証会社の場合は、「審査してるの?」というところもあります。

こんなケースで入居審査に通らないこともある

他にも風紀を乱す可能性がある人は入居審査に通らないことがあります。

勤務先の項目でも説明しましたが、「生活スタイルの違いからもともといる住人とトラブルになる」といったケースです。

例えば、ファミリー向けの物件であれば、住んでいる人たちは子持ちの人が多いでしょう。
その物件に独身の人が申し込んだ場合、「子供の騒音」でトラブルになる可能性があります。

子供

同じように、独身者向け物件に子持ちの人が応募しても、「子供の騒音」でトラブルになる可能性があるので審査に通さないケースもあります。

あとは、大家さんが過去にトラブルになった入居者と似たタイプの人は審査に通らない可能性があります。
「こんな職業の人はダメ」、「若い女性はダメ」、「子供がいるとダメ」、「カップルで同棲はダメ」
これは「その大家さん独自の好み」なので、違う物件を探しましょう。

ちなみに同棲カップルが嫌がられる理由は、別れた場合に家賃を滞納するリスクが上がるからです。

カップルは二人で住むので、ちょっと家賃を高めの家を選ぶ傾向にあります。
「家賃10万円ならひとり5万円払えば住める」と考えるからでしょう。
結果、別れてどちらかが出ていけば、家賃負担が倍になり家賃滞納・・・

そういった経験にあった大家さんは少なくないようです。

まとめ

クレジットカードの審査に通らない場合はあきらめれば済むかもしれませんが、入居審査をあきらめるわけにはいきません。

収入が少なかったり、フリーターや派遣社員など不利な属性であっても入居審査を通ることは十分可能です。

入居審査に自信のない人は不動産会社に相談してください。
不動産会社はその道のプロですから、対処法をたくさん知っています。

自分が置かれている状況や、入居審査が不安なことなどを話せば相談に乗ってくれますよ。



スポンサーリンク