疑問

年収はカードローンやキャッシング、クレジットカードでも審査の中で重要な項目です。
当然ながら、この年収が高ければ高いほど審査に有利になりますし、融資される金額も多くなります。

特に消費者金融のカードローンの場合、総量規制で年収の3分の1までしか借りられないという決まりがあります。
クレジットカードのキャッシング枠も総量規制対象になります。

その場合、年収1,000万円の人であれば333万円まで借り入れますが、年収300万円の人は100万円までしか借りられません。

対象にならないのは銀行のローンです。総量規制の影響を受けないため、年収の3分の1までしか借りられないという決まりはありません。

では、実際の年収よりも高めに書いてカードローンの申し込みをすると、審査に有利になるのでしょうか?

年収を実際より高めに書くと

はっきり言ってしまえば、年収を高めに書いたことがバレなければ審査に有利になり融資額も多くなるでしょう。

実際にカードローンの申し込みの際に、年収の水増しをしている人は多いようです。お金を借りたいがためのウソなのでしょう。

審査担当者にはバレている?

怒られる

しかし、年収を高めに書いて審査に通るようだったら誰も苦労はしません。消費者金融や銀行の審査担当者はそういったウソを見破ります。

当然、その人は審査に落ちます。そして悪質な場合は「社内ブラック」として登録されて、二度とその金融機関の審査に通らなくなります。

まず、収入証明書が必要な場合はしっかりあなたの年収がバレます。年収を高めに書く意味は全くありません。

収入証明書とは、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書(直近2ヵ月分程度)などです。
ボーナスがある場合は賞与明細書も提出することになります。

収入証明書を提出しない場合は

「収入証明書を提出しなくてよければ、年収を実際より高めに書いてもバレないのではないか?」

そう思った人もいるかもしれません。

確かに「借入額が50万円未満であれば収入証明書の提出なし」という消費者金融も多いです。

銀行のカードローンであれば、「利用限度額100万円未満であれば収入証明書は必要なし」と明記されているところもあります。

しかし収入証明書の提出が不要の場合でも、審査担当者が「何かおかしい」と判断すれば、後日収入証明書の提出を求められます。

過去の申し込み情報であなたに似た属性の人を参考にする

年収の水増しがバレる理由は収入証明書以外にもあります。

これはどの消費者金融や銀行でもやっていることです。

あなたに似た属性の人の年収は?

お金

消費者金融や銀行には、今まで自社のカードローンに申し込んだ人のデータが大量にあります。
幅広い年齢層で色々な業種の人が申し込みデータがあるわけです。

そのデータを見て何がわかるのでしょうか?

それは、「この業界でこの会社の規模でこの年齢だったら年収はこのくらいだろう」と判断できます。

その年収よりも明らかに高い年収を記載して申し込みをした場合、収入証明書の提出が必要のない場合でも「収入証明書を提出してください」と言われるでしょう。

似た属性の人の返済状況

他にもあなたに似た属性の人の過去の返済状況を見ることもあります。

その人たちの多くが数ヶ月延滞していたり、自己破産などの債務整理をする人が多かったりすれば当然審査に影響します。

「それは私の話ではない!」

そう思われるかもしれませんが、金融会社の審査担当者の仕事は申込者のウソを見破ることが仕事です。
そういったデータを最大限に生かすのはしょうがありません。

そのウソを見破れなければ、お金を返せない可能性の高い人に多額の融資をしてしまうことになります。

そうなれば金融会社が損をするということなります。
損をすれば自分達の給料が支払われなくなるわけなので、銀行や消費者金融も必死なのです。

年収の水増しをしてバレた場合は必ず審査に落ちます。
さらに悪質な場合社内ブラックになり、二度と審査に通らなくなります。

以前より審査がきびしくなった

書類

総量規制前であれば、正直なところ今ほどは審査が厳しくはありませんでした。
年収をちょっとごまかしたくらいなら審査に通ることも少なくなかったようです。

しかし、今は時代が違うと思ったほうがいいでしょう。

あの頃は年利28%とか普通でした。
今は年利18%が普通ですから恐ろしい時代でした。

借金を返しても返しても借金が減らないのは恐ろしいです。

通常であれば十分審査に通り融資されていたであろう人でも、目先のお金のためについた些細なウソ(年収の水増しなど)がバレた時点で審査に落ちてしまいます。

まとめ

年収の水増しをしても金融会社にはバレます。まず収入証書書を提出する時点でアウトです。
収入証明書を提出しない場合でも、年収の水増しが疑われるケースがあります。

金融会社のコンピューターの中には、今まで申し込みをしてきた人たちの情報がつまってます。

その中にはあなたと似たような属性の人はたくさんいますので、その人とあなたを比べて年収が極端に違えば「おかしい」と判断されます。

誠実に正しく申し込みをすることが一番の審査に通る近道です。



スポンサーリンク