「審査の甘い消費者金融はありますか?」

そう質問されれば私は、「あります」と答えます。さらに「ブラックリストでも審査に通ることがあります」とも答えます。

しかし、こういった話をすると勘違いされることが多いので言っておきますが、「無条件で誰でも審査に通るわけではない」ということです。

無条件で審査もなしに借りられるとしたら、そこは正規の消費者金融ではなく、ただの闇金です。

金融庁に登録している正規の消費者金融であれば、他社と比べてどんなに審査が甘くても、審査に落ちる人は必ずいます。

審査の甘い消費者金融というのは、「他の消費者金融と比べて審査のハードルが低い消費者金融」のことです。決して誰でもお金を貸してくれるわけではないということを頭に入れておいてください。

無条件でお金を貸してくれるところを探している人は、この記事を読んでも意味はないでしょう。

「アコムやプロミスなどよりも審査のハードルが低い消費者金融が知りたい!」

こういった人にだけこの記事は役に立つと思います。

消費者金融アローとは?

今回私が紹介する会社は「消費者金融アロー」です。ここはアコムやプロミスといった大手消費者金融と比べて確実に審査が甘いです。

アローは平成12年に設立された会社です。当初は不動産業を営んでいた会社でしたが、平成22年に貸金業登録をして消費者金融として営業を始めました。

消費者金融としては新しい会社ですが、柔軟な審査を売りにして、大手消費者金融の審査に落ちた人たちの間で人気が出てきました。

アローは「大手消費者金融の審査に通らない人」にも積極的に融資をしています。そのことがネットで広まって、申込者が増えていきました。

しかし、総量規制対象なので、年収の3分の1以上の借り入れがある人は審査に通りません。

  • 限度額:200万円
  • 実質年率:15.00%~19.94%
  • 返済期間:元利均等返済(1~120回 最長10年以内)

アローは闇金なのか

ネット上で「消費者金融アロー」で調べてみると、いろいろな情報が見当たります。

いい口コミは、「債務整理ブラックなのに審査に通った!」、「他の消費者金融でことごとく審査に落ちたけどアローは通った!」などです。

悪い口コミは、「審査が甘いはずなのに審査に落ちた!」、「アローは闇金だ!」などです。

アローは審査が甘いことで有名です。実際に審査基準は大手消費者金融より低いです。

勘違いしてほしくないのは、「アローにだって審査はありますし、誰でも借りられるわけではない」ということです。

アローはブラックリストであっても一部の人は審査に通る可能性はあります。しかしそのような人の審査は厳しくなります。

審査なしで誰でも借りられるのは闇金だけしかありません。

アローが闇金という人たちの正体

アローのことを「闇金だ!」という人たちは2種類の人たちでしょう。

  • アローの審査に落ちた人
  • アローの名前を勝手に使用している悪徳業者にだまされた人

アローの審査に落ちた人

まずひとつ目の「アローの審査に落ちた人」ですが、これはただの逆恨みです。アローだって無審査で誰にでもお金を貸しているわけではありません。

後でまた説明しますが、「無職」や「他社延滞中」の人はアローの審査に通りません。

「アローは闇金だ!」と言っているのは「収入のない人」だったり、「現在ほかの消費者金融などの支払いを滞納している人」たちですので、信じる必要はありません。

アローの名前を勝手に使用している悪徳業者にだまされた人

こちらはまた別の問題です。

アローは「ブラックリストでも審査に通る」という言葉がひとり歩きしてしまった結果、そのことを悪用した闇金が生まれました。

当然ですが、この闇金はアローとは何の関係もありません。名前を勝手に使われているアローは被害者です。

アローの公式サイトを見ると分かりますが、このことについてアローは注意喚起をしています。

この闇金の手口は、「私はアローです。審査なしでお金貸します」といった文言のダイレクトメールを送り付けてきます。

アローに申し込むときは、このダイレクトメールから申し込みをしなければ被害にあうことはありません。

アローに申し込むときは、必ず公式サイトから申し込むようにしてください。

アロー公式サイトはこちら

アローは金融庁に登録している

アローは正規の消費者金融なので、金融庁に登録しています。


  • 愛知県知事(3)第04195号
  • 日本貸金業協会会員 第005786号

金融庁のサイトに登録貸金業者情報検索という機能があります。実際に検索してみると、アローが登録されていることが確認できます。闇金の場合は登録されていませんのですぐに分かります。

どんな人が審査に通っているのか?

このような人たちでも消費者金融アローで審査に通っています。


  • 過去に自己破産をしたことがある人
  • 消費者金融の返済を滞納していたことがある人
  • 消費者金融5社から借り入れしている人
  • 1か月前に3社以上申し込んで全部審査に落ちた人
  • 正社員ではない人

通常であれば、このような人たちは審査に通りません。通常であればブラックリストだったり、準ブラック扱いですから。

しかし消費者金融アローなら審査に通る可能性があります。当然普通の人よりも審査は厳しいものになりますが、審査に通る可能性があるだけでもうれしいところです。

これは適当に言っているわけではなく、しっかりとした理由があります。

過去に自己破産をした

信用情報を見て過去に「自己破産をした」という情報があれば、消費者金融では審査に通りません。

しかし過去に自己破産をした人は、言い方を変えれば、「現在は借金がない人」です。そのためアローは現在安定した収入があれば審査に通すこともあります。

過去に滞納をした

消費者金融は支払滞納をとても嫌います。他社の支払滞納があれば消費者金融は審査に落とします。それが過去の話であってもです。

ですがアローは、現在他社滞納がなければ審査に通る可能性があります。

必ず他社滞納だけは支払ってから申し込むようにしましょう。

他社借り入れ件数が多い

他社借り入れ件数が多いと、実際に借りている金額が少なくても審査に通りません。

アローは、「借り入れ件数は多いが借入金額が少ない人」を審査通過対象にしています。

総量規制に該当する人(年収の3分の1以上の借り入れがある人)はアローでも審査に通りません。

短期間に複数社申し込みをした

1か月以内に3社以上に申し込みをするなどした人は申し込みブラックになり審査に通らなくなります。

アローはそういった人でも審査に通ることがあります。

正社員以外

アルバイト、パート、派遣社員、契約社員、自営業者でも審査に通ります。年収は100万以上あればいいと思います。

アローでも審査に通らない人とは

何度も説明しましたが、アローの審査はアコムなどの大手消費者金融と比べて甘いです。

しかし、アローでも審査に通らない人がいます。

下記の条件にひとつでも当てはまる人はアローでは審査に通りません。アローに申し込みをするのはやめたほうがいいでしょう。


  • 未成年及び66歳以上
  • 健康保険未加入者
  • 無職
  • 現在他社延滞中
  • 自営業者で確定申告等年収証明が提出できない人

この条件に当てはまらなければ、アローで審査に通る可能性があります。

特に、「他社借入件数が多くて他の消費者金融の審査に落ちていた人で、年収の3分の1以上の借り入れがない人」はアローに申し込んでみる価値はあると思います。

まとめ

アローは大手消費者金融と比べて審査の甘い消費者金融です。「アコムやプロミスの審査には落ちたけどアローは通った」といった声もよく聞かれます。

通常であればブラックリストである、「債務整理」、「過去の滞納」、「申し込みブラック」でも審査に通る可能性があります。

ですが、「収入のない人」や「ほかの消費者金融の支払いを滞納中の人」、「健康保険未加入の人」は審査に通りません。

先ほど挙げた条件に当てはまなければ、アローは審査が甘いのでオススメです。

「借入件数が多い人」もアローはオススメです。借入件数が多いと、それだけでアコムやプロミスは審査に落とします。

しかしアローでは、借り入れ件数が多くても、年収の3分の1以上の借り入れがなければ審査に通る可能性があります。

大手消費者金融の審査に通らないなら、アローを試してみてください。

アロー公式サイトはこちら



スポンサーリンク