「カードローンでお金を借りたいけど在籍確認が不安」という人は少なくありません。

特にこの2点を不安に感じていませんか?

  1. 何を聞かれるのか分からない
  2. 勤務先の人に「消費者金融に申し込んだこと」がバレるのではないか

私も消費者金融に申し込んだときは在籍確認(勤務先への電話)がいつあるのかドキドキしていました・・・

「誰が電話に出るのか」と不安で電話を待っていたことを覚えています。

でも「在籍確認」はカードローンの審査のひとつですので避けられません。

消費者金融は、「申込書に書かれている勤務先で本当に働いているのか」ということを確かめる必要があります。

あなたは違うでしょうが、架空の勤務先を書いて審査に通ろうとする人がいるので、在籍確認は仕方ありません。

ですが在籍確認は「何を聞かれるか」や「まわりにバレないか」さえ分かっていれば怖くありません。ここで在籍確認で不安な点を解消していきましょう。

電話があるのはいつか?

「カードローンに申し込むと、すぐに勤務先に在籍確認の電話が・・・」

とはなりません。

実は、在籍確認がある前に審査があります。その審査に通過した人にしか在籍確認の電話はありません。

1次審査通過?

カードローンに申し込むと消費者金融・銀行・クレジットカード会社(以後消費者金融でまとめます)は、まず信用情報機関で申込者の情報をチェックします。

申込者がブラックリストではないことが確認できたら、在籍確認を行います。

つまり、「信用情報機関のチェック」という1次審査を通過できた人にだけ在籍確認を行います。

在籍確認で聞かれること

「在籍確認で何を聞かれるんだろう・・・」

そういった不安はここで解消されます。
実は在籍確認で聞かれることは、本当にたいしたことありません。

「申込書に書いた勤務先で、申込者が本当に働いているか」

消費者金融が在籍確認で知りたいのはただそれだけです。

申込者が電話に出れる場合

消費者金融

わたくし、佐藤と申しますが、茂野様はいらっしゃいますか?

申込者

はい、茂野は私です。

消費者金融

モビットの佐藤と申します。このたびは当カードローンにお申込み頂きましてありがとうございました。それではこのお電話でお勤め先の確認とさせていただきます。審査の結果は後ほどご連絡いたします。

いかがでしょうか?

在籍確認の電話なんてこんなものです。消費者金融によっては、フルネームや住所などを聞いて本人確認をする場合もあります。

実際に話をいろいろ聞くのは、審査が進んでから、個人の携帯電話に直接かけて聞きます。勤務先の電話で長話をすることはありません。

申込者が不在の場合

消費者金融消費者金融

わたくし、佐藤と申しますが、茂野様はいらっしゃいますか?

会社の人

茂野はただいま席を外しております。

消費者金融

分かりました。それではまた改めてお電話させていただきます。

このように、「申込者がそこで勤務している」ことが分かれば、本人が電話に出れなくても問題ありません。

会社の人があいまいな対応をした場合は、「何時ごろお戻りの予定ですか?」など聞くことはありますが、あまり深く追及することはありません。

消費者金融は貸金業法という法律を守る義務がある

消費者金融が在籍確認の電話で注意していることは下記の3点です。

  1. 会社名は言わずに個人名を名乗る
  2. 電話番号は非通知
  3. 要件は話さない

どれもそうですが、消費者金融は在籍確認の電話だとバレないように最大限の注意を払います。

その理由が、「申込者がカードローンに申し込んだことを第三者に知らせてはいけない」と貸金業法で決まっているからです。

そういった法律があるので、消費者金融は絶対にバレないように電話をかける義務があります。

銀行は自分の銀行名を名乗ることがありますので、銀行カードローンに申し込んだ人はその点を覚えておきましょう。

ちなみに、電話してくる担当者を男性か女性かを選ぶこともできます。そういった要望がある場合は、申し込みをした後に直接要望を伝えましょう。

こんな言い訳してます

会社の人から、「佐藤さんって人から電話があったよ」って言われたら何て言い訳しましょうか?

知らない人のふりをする

「えっ、誰だろう?」

一番無難ないいわけです。会社の人もそれ以上追及しないでしょう。

クレジットカードに申し込んだことにする

「クレジットカードに申し込んだのでその連絡です」

クレジットカードに申し込んだことにするのも無難な方法です。ポイント目当てとか何とでも言えますから。

営業だったことにする

「なんか投資用マンションの営業みたいです」

「なんか最近こういった営業多いですよねー」と、つなげるのが無難ないいわけです。他にも生命保険の営業などといいう手もあります。

落とし物をした

「この前、名刺入れ落としたんですが拾ってくれたみたいです」

この”名刺入れ”というのがミソです。財布とかだと警察がからんでくることになるので。

どこに電話がかかってくるのか?

在籍確認は申込者の勤務先に電話をすることになっています。しかし、ここで疑問点が出てきます。「勤務先のどこの電話番号を書けばよいか」という点です。

正社員・契約社員・アルバイト

小さい会社の場合、勤務先の電話番号はひとつしかないかもしれません。しかし、会社の規模が大きくなるほどに電話番号も増えます。

正社員・契約社員・アルバイトの場合は、通常は「会社の代表番号」を書けば問題ないでしょう。(※派遣社員のような契約の場合は、次の”派遣社員”の項目を参考にしてください)

「自分の所属している部署の直通番号」がある場合は、そちらも書いておくほうが在籍確認はしやすくなるので両方とも書いておきましょう。

派遣社員

在籍確認で一番問題なのは派遣社員です。「派遣元」と「派遣先」のふたつの番号を書いておくと対応としては問題ありません。

しかしどちらの電話にかかってくるかは消費者金融次第です。

基本的には「申込者が働いている現場」に電話があることが多いです。つまり「派遣先」ですね。

中には、派遣社員は派遣先が変わることもありますので、「派遣元」に電話をする消費者金融もあります。

「派遣先」で在席確認できなかったら、「派遣元」に電話がかかってくると考えていいでしょう。

自営業・個人事業主

自営業の人で自宅と事務所が別ならば事務所に電話があります。そこで電話に出れば在籍確認OKです。

フリーランスなど個人事業主の場合は自宅に電話があります。

専業主婦

専業主婦の場合は、自宅の電話か本人の携帯電話にかかってきます。審査対象は夫になりますので形式的なものです。

基本的に夫の勤務先に在籍確認の電話はありません。夫の収入証明書などで判断されます。

在籍確認がないカードローンはあるか?

ここまで在籍確認について説明してきましたが、「どうしても勤務先に電話をしてほしくない!」という人もいるでしょう。

在籍確認は必ず行われる審査のひとつですが、「勤務先への電話がない」ことを売りにしたカードローンも中にはあります。

それがモビットです。

モビットの「WEB完結」はこちらから申し込みできます

モビット公式サイトで「WEB完結申込」とありますので、そこから申し込みをすれば「勤務先への電話連絡なし」で審査をすすめられます。

私が以前モビットを利用した時には、この「WEB完結申込」はなかったので、今利用できる人がうらやましいです。スマホからでも申し込みできるから楽ですしね。

モビットの「WEB完結申込」を利用するには条件があります。下記の条件を満たしていれば利用できます。


  1. 三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っている人
  2. 保険証が「社会保険」か「組合保険」の人

この条件に当てはまる人は、「在籍確認がとれた」と判断されます。それが職場に電話して確認しなくてもいい理由です。

「勤務先への電話」がイヤな人は、モビットの「WEB完結申込」は本当におすすめです。

まとめ

在籍確認は利用する人からすればイヤなものですが、「何を聞かれるか」、「まわりにバレないか」ということが分かっていれば怖くありません。

在籍確認で聞かれることは、「申込者本人かどうかを確認する」だけなのですぐに終わります。長々と電話するようなことはありません。

それに、在籍確認に気を使っているのは消費者金融も同じです。「在籍確認のせいでカードローンに申し込んだことが会社にバレた!」といったミスをしないように、かなり気を使っています。

ですが、電話をとった人が、「元ローン関係の仕事をしていた」、「かなりなれたカードローン経験者(多重債務者)」の場合バレる可能性はあります。

そういった人が電話を取るような会社の場合は、モビットのように「勤務先への電話連絡がない消費者金融」を選んでください。



スポンサーリンク